つれづれ日記


by tokada11
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ガソリン

とうとうTerre HauteまでKATRINAの影響が…(というかアメリカ全土か?)。
ってのも、ガソリンがめっーーーーちゃ高い!!!
昨日からガソリン価格が高騰しとう。
最近のガソリンは1ガロン(=3.785リットル)大体2.50ドル前後やったのに、今日なんて、3.39ドルやった。
ありえへん~(泣)。
ウチがアメリカに来た頃は1.20ドルくらいやったのに~。
いつまで続くんやろー、この高値。
車社会のアメリカで、この高値は痛すぎやわ!
[PR]
# by tokada11 | 2005-09-01 07:37 | ライフ

HOW TALL SHE IS!!

今日は夕方からPhysicalがあった。今回は5時間に渡る大仕事。150人くらいアスリートが来たかな?ウチは身長・体重と血圧を測定。

それにしても、今日のウチはボケボケ。女子バスのKの身長を測った時のこと。Kの身長は69.5インチ(176.5センチ)やった。で、測定の後、側に居たLacy(同じATメジャー)にKの身長を聞かれたから、「69.5インチやで~」って言ったら、Lacyがスゴイ不信な顔をした。で、聞きなおされたから、「だから~、69.5インチやって~」って言ったら、またまた不信な顔。実は、ウチは69.5インチって言ってるつもりやったのに、実際は96.5インチって言ってたんですね~(爆)。ちなみに、96.5インチっていったら245センチくらい。ってことは、ウチは「245センチやで~」とか「だから~、245センチやって~」と訳のわからん事を言ってたわけですねぇ。あぁ、恥ずかし~い。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-30 15:19 | Athletic Training

KATRINA

只今、Katrina(ハリケーン)がアメリカで大暴れ中です。幸いにも、ウチの住むインディアナ州はこのハリケーンの進路に入ってないようですが、今日のTVやインターネットニュースはKatrinaのニュースでもちきり。CNNニュースによると、ミシシッピ州では現在54名の死者が出ているそうです。ちなみに、P氏のところ(Oxford, Mississippi)も随分前から停電になったきり復旧のめどは立っていない模様。ハリケーンの規模に比例するように、その被害もすさまじいらしいです。Yahooニュースによると今回のKatrinaによる損害賠償は260億ドル(2兆900億円)に上る勢いで、そうなると過去最高の損害賠償額になるそうです(過去最高は『アンドリュー(1992年)』の210億ドル)。Katrinaは徐々に勢力を弱めつつあるということですが、これ以上被害が拡大しないと良いですね。ホントに自然の力って恐ろしい…。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-29 16:08 | ライフ

なんなん~!?

いや~、今日はびっくらこきました。なんでかって言うと、バイトが終わった後、学校からウォールマートへ向かう途中に警察に追いかけられました(汗)。信号待ちしてるときに前方にライトをピカピカ光らせて停車してるパトカーがいて、「なんであんなとこに止まってるんやろ~」なんて他人事に考えてました。で、信号が青信号になったから、車を発信させて低速でそのパトカーを抜かしたら、そのパトカーがウチの車の後ろにピタッとついてくるじゃありませんかー。頭の中は大混乱。「パトカー抜かしたらあかんかったん!?」とか「スピード違反!?」(←そのとき制限速度40マイルのところを15mileくらいで走ってたのに。)とか色々考えてみるものの、これと言って思い当たる節がない。でも、テカテカ ライトを光らせてウチの後ろに居るってことは止まれってことやんなぁと思って停車。するとパトカーも停車。ああ~、やっぱりウチなの?お巡りさんがこっちに向かって歩いてくる間、ウチはもうビクビク。窓を開けて待ってると、お巡りさん到着。そして一言。「ライトが間違ってるよ。」(ライトの設定が真ん中(←フォグランプって言うん???)になってたらしい) そして、お巡りさんは自らの手でライトを直して(一番上にして)さわやかに去って行きました・・・。あ~、べっくらこいたぁ~。親切なお巡りさんに感謝やけど、パトカーに追いかけられるのはもう御免です。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-27 16:05 | ライフ

ペーパーワーク

今日のクラスはクリニカルの授業だけでした。しかも、15分くらいで終わってしまった。なので、8時に学校行って、終わったのは8時15分くらいでした(笑)。

午後からはATRでクリニカル。最近ペーパーワークが多いです。というのも、National Collegiate Athletic Association (NCAA) の規定により、各年の練習が始まるまでにPre-participation ExaminationやInsurance Informationなどの書類を全部揃えて整頓しないといけないんですね。全必要書類が揃うまで、選手は練習に参加できません。毎日毎日、書類やパソコンとにらめっこしてると頭が痛くなってきますが、選手のことを知る良い機会でもあります。

余談ですが、更にNCAAのルールの中には練習の制限というものがあります。シーズン何日前からグループ練習を初めても良いとか、全体練習はいつからとか、そういった事細かなスケジュールが決められています。グループ練習するときも、コーチが帯同するか、コーチに練習する場所や日時を知らせておかなければならないようです。う~ん、面倒くさいですねぇ。でも、これに違反すると罰せられるので、ちゃんと従わないといけません。ちなみに、バスケは今週からグループ練習が始まりました。これから少しずつ怪我も増えていくと思うので、目を皿にして選手の体調管理をしっかりしていきたいと思いますっ。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-25 04:40 | Athletic Training

初日

とうとう今日から授業始まりました~。今日は3クラス+クリニカル(実習)。まあ、今日の授業は簡単に授業内容の説明しかしなかったので楽勝でした。

まずは、8時からTherapeutic Exercise(運動療法)。これは今年から新しくISUに来たDr. Huxelのクラス。このクラスでは主にリハビリテーションについて勉強します。ケガは予防できるのが一番ですが、やっぱりケガは起きてしまうもの。リハビリはアスレティック・トレーニングの大きいな部分を占めているのでガッツリと勉強したいですね~。

次はBiostatistics(生物統計学)。教授はロシア人の先生でした。この教授と~~~ってもゆっくり穏やかに喋ります…。なので子守唄に聞こえてくるんですけど…。眠気に襲われないように気をつけないとね。教授曰く、「このクラスは、たっくさん計算があるからね~~」とのことです。トホホ。でも今日の宿題はもう完了したけどね!やること早い~。って、実は今日の宿題は教科書のChapter1を読むというもので(しかも5ページくらい!)、計算は全く有りませんでした(笑)。

最後はPathophysiology(病態生理学)。これはDr.Demchakのクラス。彼の授業は去年も取ったので、彼の授業の進めかたとかは大体分かります。授業の内容は、運動で起こる怪我ではなく、一般的な疾病(内科系が主のようです)、病気に対する栄養学的、心理学的影響などを勉強するようです。ちなみに解剖学と生理学が基礎になってるクラスです。クイズと試験に加えてペーパーとプレゼンテーションもあって、なかなかやること盛り沢山のクラスになりそうです。

あと、今日は4時からHulman Centerで女子バスのミーティングに参加してきました。ミーティングの後に選手にアンクル・ブレース(全員強制です)を配って、新しいバスケットボール・シューズのために選手の足の大きさを測る手伝いをしました。実は、今日初めて足のサイズの測り方を習いました!面白いです。Brennock device(←名前怪しいかも)っていう機械を使って測ります(普通の靴屋さんでも置いてるところありますよ)。測り方は、足を機械の上に乗せて、測ってる方の足に体重を乗せます(体重を乗せないとサイズが実際の大きさよりも小さくなってしまいます)。次に、足の縦幅(踵骨から母指までの長さ)と横幅(1st MTP Jt. から5th MTP Jt.までの長さ)と土踏まず(踵骨から1st MTP Jt.までの長さ)の長さを計測します。この機械を使うとちゃんと横幅も考慮されるので、靴の縦幅は合うけど、横幅が狭かったというような事態がなくなります。ただし、肝心の靴の方に横幅のバラエティーがあればの話ですが…。この機械、ちゃんとWomen's用のサイズとMen's用のサイズが同時に分かるようになってます。便利ですね!ちなみに人によっては左右の足のサイズが違うので、両足測定するのがベターです。それに、測定するのは足が浮腫む午後の方がいいです(これは結構常識やんね)。あと、Lori曰く、測定したサイズでなくても、履いてみて心地よかったらそれで良いらしいです。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-24 15:46 | Athletic Training

教科書

今日は教科書を買い揃えた。これで授業の準備は万端。それにしても、なんでアメリカの教科書ってこんなに高いんやろ?4冊で200ドルも使ってしまったよ…(涙)。で、今セメ取るクラスは、Pathophysiology(病態生理学)、Therapeutic Exercise(運動療法)、Biostatistics(生物統計学)、とClinical(臨床実習)の4つ。どれも面白そうやけど、PathophysiologyとBiostatisticsは手ごわそう…。特にBiostatsなんて数学入ってくるもんね…(汗)。数字恐怖症のウチとしてはこれが一番の難関になりそうな予感。でも、今年は最後の一年。興味のある分野をもっと深めていけたらいいなぁと思います。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-22 15:09 | ライフ

大工のはなし

今日はアスレティック・トレーニングのオリエンテーションとパーティーへ行ってきた。ミーティングで、ヘッドアスレティックトレーナーのPaulがちょっと面白い大工の話しをしたので今日はそれについて書きます。

あるところに一人の大工がいました。
大工はとても良い腕前の大工で、今まで素晴らしい家を沢山建ててきました。
でも、ある時その大工は「もうそろそろ退職したいなぁ。」と思います。
で、彼のボスに仕事を辞めたいと伝えます。
でもボスは、「すまないがもう一軒だけ家を建ててくれないか?」とその大工に頼みます。
大工は、本当はもう家は建てたくなかったのですが、
ボスが何度も頼むので渋々その仕事を引き受けることにしました。
その後、その大工は家を建て始めるのですが、
なにせやる気がないので手抜きでさっさと家を建てました。
で、家が建ったあと、ボスのところへ行って、
最後の家が出来あがったことを伝えました。
すると、ボスが大工に一つの鍵を渡して言いました。
「この鍵は、君が最後に建てたあの家の鍵だ。あの家は君のためのものだよ。」
ボスは最後の家はその大工に与えるつもりだったのです。
大工は「しまった。もっとちゃんと作っておけば良かった…。」と後悔しました。

この話しの教訓は、『最後まで責任を持って仕事を成し遂げよ』ということと、『人の身になって物事を考えよ』ということ。

うちはこの話しを聞いてちょっとドキッとしました。やっぱり疲れてきたら自分に甘くなってしまうことってあるし、どんだけそのときは全力でやってると思ってても、後々考えてみると少なからず手抜きしてしたなぁって思うことがあります。「これくらいいいか。」とか思ったりすることってあります。例えば、ATRで巨体のフットボール選手を何人も何人もストレッチしてて、だんだん疲れてきて最後の方の選手になると丁寧さがなくなってきたりします。うちは何人もストレッチしてるけど、ストレッチされてる選手にとってはそんなこと関係ないんですよね。もし私が選手だったとして、ATが雑にうちの体をストレッチしたら嫌な感じですもんね。そんなATにはストレッチしてもらいたくないと思うやろうし、ATRに来るのが嫌になるかもしれない。それに、もしウチが雑にストレッチした選手がその日の練習で怪我したら、絶対に自分のやったことを後悔すると思う。なので、自分の行動に最後まで責任を持つことと、他人の気持ちになって物事を考えるってごっつい大切ですね。言うは安し、行うは難しやけど、これからはしんどいときに“大工のはなし”を思い出して頑張っていこうと思います。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-21 15:28 | Athletic Training

PHYSICALS

今日はTrack&Field(陸上部)のPhysicals(身体測定)の手伝いに行った。久々にATRに行ったら、新しいGrad(大学院生)の人たちがいたり、去年までグレーシャツを着てたSophomore(2年生)の子達がブルーポロを着てて(プログラムに入るまではグレーシャツしか着れないのです)、「あ~、新しい年になったんやなぁ~」なんてしみじみ思ってしまいました。

で、Physicalsの内容は、既往歴、血圧、脈拍、身長・体重、視力、問診、Orthoscreening(日本語でなんて言うんやろ???)などなど。アスリート達は毎年練習が始まる前にこのPhysicalsを必ず受けないといけないのです。これらは起こりうる怪我や病気を予測して予防するのに役立つし、怪我したときの比較表にもなるしね。ということで、すんごい大切なのです。

ちなみに、うちは今日は身長と体重の係やった。アスリート達が来る前に、練習がてらに体重計に乗って自分の体重を測定したら夏休み前に比べて4LB(1.8kgくらい)増えとった…(汗)。夏休みの間、ずっとPCラボで座りっぱなしの仕事しとったからなぁ~。ショックでジュニアのAに体重増えたって言ったら、「私は6~7LB増えたで。」って言っとった。で、「セメスター中は忙しくなるから夏休みに増えた体重は減るはず!!」ってお互いに確信のない言葉で励まし合いました。

Physicalsが終わったあとは、Lori(女子バスケのヘッド・アスレティック・トレーナー)に頼まれてた、女子バスケの今年チームに戻ってこない3人のプレーヤーのファイルの整頓をした。彼女達が今まで罹った病気や怪我を全部書き出すという作業をしてんけど、書き出したリストを見比べてみて、慢性疾患の多い選手、内科系疾患が多い選手、外傷が多い選手と見事別れた。このリストをデータ化して個人の怪我の傾向を出したら、怪我の要因を見つけ出すのに役立つかも。やっぱりメディカル・レコードって大切ですね。

なんか今日一日で気分がATモードに戻ってきた感じ。教科書も一冊届いたし。気分はもうフォール・セメスター突入です。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-20 09:06 | Athletic Training

Oxford, Mississippi

本当はミシシッピからアップデートしようと思っとってんけど、インターネットをあんまり使うチャンスがなくて更新できませんでした。ごめんなさい。昨夜テレホートに帰ってきたので今日はちょっくらミシシッピの報告をしたいと思います。

今回、うちはミシシッピ州のOxford(オックスフォード)ってとこに行ってきました。24時間開いてる店なんてガソリンスタンド以外ないような小さい街。でも、自然が沢山あるし閑静で雰囲気は結構いい感じ(景観を壊さへんようにWAL★MARTの建物が緑色になってる!)。かわいいお店もちょこちょこあるし。Indiana UniverstiyのあるBloomingtonに似てるかな。あと、車で1時間くらい走ったらMemphisまで行ける。だから普段はのんびりと暮らして、買い物に行きたかったら車で1時間ほど運転してMemphisまで出ればいいねんから快適といえば快適。

で、うちが今回Oxfordで見つけた掘り出し物は、『BOTTLE TREE BAKERY』っていうかわいいパン屋さん。どうやらここはすごい人気があるらしくて、いつでも人が列を作って並んでる。おいしそうなパンがカウンターに沢山並んどって、パン好きの私にはたまらへんかった。今回うちが注文したのはTurkey & Chedder cheese croissantとIced Chai Latte。クロワッサンの皮はパリパリやったし、チャイ・ラテも絶妙なお味で大変満足でした。
e0015618_15225080.jpg

あと、今回はUniversity of Mississippiのアスレチック・トレーニングルーム(ATR)も見てきた。突然訪ねたにも関わらず、ATRにいたスタッフがとても親切に対応してくれて好感度◎やった。施設はISUのATRよりも大きかったなぁ。特に、リハビリテーション用の場所がちゃんと確保されてるのが印象的やった。でもModalityはISUの方が充実してると思う。こうやって色んなところのATRを見比べてみるのも面白いな。

それと、これはATRとは関係ないけど、フットボールスタジアムは完全にUnivesity of Mississippiの勝ちやった・・・。立派なスタジアムがキャンパス内に立ってて、ホームゲームのあるときには、スタジアムが観客で埋め尽くされるらしい(収容人数は知らんけど)。それに反してISUのスタジアムは片側スタンドないねんもんなぁ~。今シーズンこそ、せめて片側のスタンドだけでも超満員になってほしいものです。
[PR]
# by tokada11 | 2005-08-20 06:06 |