つれづれ日記


by tokada11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バスケットボールキャンプ

水曜&金曜はバスケの日。ということで、今日も元気にバスケやってきました~。体育館がムシムシしてて汗だくやったけど、やっぱり好きなことして汗をかくってええな~。バスケ最高☆

ところで、バスケと言えば、6/25~6/28にかけて、ISU主催によるバスケのキャンプでアスレティック・トレーナー(AT)のボランティアしとってん。キャンプは、ISUのコーチ陣と選手達が中学生&高校生を対象に基礎から応用までを教えるというもので、40人くらいの選手が参加しとった。毎日2部練または3部練(2時間半X2 or 3回)で、朝の9時から夜の9時までみ~っちりバスケ漬け。う~ん、ステキ…。
練習を見てて思ったのは、「いくらなんでも中学生と高校生を一緒にするのって無茶じゃないの!?」ってこと。レベルだけじゃなくて、体格の差がありすぎ!中学生はやっぱり体もまだまだ華奢でちっちゃいけど、高校生になると体格もしっかりしてる。
だから、ちっちゃな子がでっかい子の中でプレーしてるときは、「あぁぁぁ、殺されるぅぅ(焦)」って感じで、気が気じゃなかった。←マジで!一人小学校1年生くらいに見える子も混じってプレーしてて、ずっと私を冷や冷やさせとった。いや~、でもね、体格やレベルはぴんからきりまでって感じやってんけど、どの子も上手くなろうって頑張っとった。コーチも最初の日に、「ここに居るあなた達は、レベルが全然ちがうけど、絶対に他の子を馬鹿にしないように!なぜならあなた達のゴールは、各自が今のレベルよりすこしでも上達するためだからよ!」ってみんなに言い聞かせてた。 
そう言った意味では、今回のキャンプは成功やったんじゃないかなぁ。

で、当の私はATとして働いとってんけど、今回はスーパーバイザー無しで、一人で切り盛りしてました。「なんかあったらどうしよ~」ってドキドキやったけど、自分一人だけで、今の自分に出来ることを、そこにある物を使って一つ一つの怪我の対応をしなければあかんかったって点ではすごい修行になった。そんで、ATCになりたいっていうモチベーションもアップしたよ。で、今回起こった怪我は以下のとおり。

   1.捻 挫(試合中に捻った)
   2.嘔 吐(暑さとストレスによる)
   3.鼻 血(鼻にエルボーくらった。)
   4.捻 挫+骨 折(?)(キャンプに来る前の日のゲームでやった)
   5.アキレス腱の挫傷(フットワーク中にスプリントしててやった)
   6.出 血(ボールハンドリングの練習中に爪が割れた←爪伸ばしすぎ)
   7.靴擦れ(4~5人が靴擦れに犯されてた)
   8.シンスプリント(慢性痛)
   9.ハムストリングの挫傷(初日のゲーム中にやったらしい)。
   10.腹痛+呼吸困難(おなかにエルボーくらった。)

4の子は、靭帯損傷以外にも、骨折のポジティブサインがあったから、キャンプに来たばっかりでかわいそうやったけど病院送りになりました。(X-Ray撮るためね)まあ、こっちに残ってても練習には参加できないしね。しょうがない…。それ以外の子達は、すぐに練習に戻ったり、最終日までには復帰してた。10の子は、見たときは一瞬びっくりしたけど、リラックスさせて呼吸を整えてあげると回復したのでよかった~。あと、ペインコントロールやっ!と思って、その子に「痛いの痛いの飛んでけ療法」(←今、自分で命名した)をしてあげたら随分楽になった模様。(ただ、ナデナデしただけ)恐るべしタッチングセンセーションの威力!ま、そんな感じで、なんとかキャンプを乗り切れてよかった~。ふ~~ぅ。あと、いろんな怪我も見れてよかった~(って選手には申し訳ないけどさ。)

この勢いで、来セメからの女子バスでの実習もガンバローっと。
[PR]
by tokada11 | 2005-07-01 13:58 | Athletic Training