つれづれ日記


by tokada11
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パンク

怒涛の一週間もなんとか乗りきって、今日は嬉しい秋休み☆
昼からLoriとProficienciesをやって、それが終わったのが3時ごろ。
で、ふと気づいたら、来週から土日も練習&試合があるから、
今週末がウチにとって今セメ最後のリラックスタイム。
これは今しかできへんことをせなあかん!って思いたったわけ。
で、1人でIndianapolisのKey Stone Mallまで買い物へ行ってきた。
初めて1人で遠出の買い物行ったけどたまにはいいな。
人もごった返してなくて、自分のペースで色々見て回ることができたから満足満足。
ただ、ウィンドーショッピングってのが寂しいけど…。

で、買い物の後事件は起きた。
モールの駐車場から車を出すとなんか車が変。
ハンドルが勝手に右に取られる。
「も、もしや・・・」 
なんだか嫌な予感。
そう、右前輪がパンクしとった…。
しかも、これ、ウチにとって初めてのパンク。
友達に電話してタイヤの交換の仕方を取り合えず聞くも、
タイヤのボルトが錆びてて取れへ~ん。
しかも、そのとき夜の9時でどこの修理屋も閉まってる。
どーしろっちゅーねん(泣)ってカンジでしばし放心状態。

んで、困ってると、車で通り掛かりのお兄さん登場。
さわやかに車から降りてきて「手助けはいるかい?」と一言。
「えーえー、ヘルプミーです!!」ってなカンジで、
タイヤのボルトをはずすのを手伝ってもらうことに。
でも、このボルト達一筋縄ではいかない位硬くて、
結局、お兄さんの力を借りても動かんかった。
こっちは「手伝ってくれてありがとー」って気持ちでいっぱいやのに、
「ごめんよ、力になれんくて。警察呼ぶのがいいと思うけど、電話してあげようか?」って心配そうに聞いてくれた。
なんてイイ人。
結局、警察には自分で電話するから大丈夫っていってその人には帰ってもらった。
で、次に現れたのは、さっきのお兄さんよりもイカツイ感じのおっちゃん。
同じようにボルトをはずそうと試みるものの、やっぱりびくともせんかった…。
「おっちゃん、もう歳やねん」といいつつもベストを尽くしてくれた。
「おっちゃん、ありがとー。警察に電話するわ。」っていったら、             
そのおっちゃんが、
「警察に電話してもただのパンクじゃ1時間以上待たされるで。ちょっとここで待っとき」
って言って、歩いてセキュリティの人を探しに行ってくれた。
(ウチが探しに行くからって言ったにも関らず!)
なんてイイ人!
んで、10分程しておっちゃんが連れて来たセキュリティの兄ちゃんは、
明らかにおっちゃんよりも弱そうで、あんまり期待はできなさそう…。
せやのに!!その兄ちゃんいとも簡単にあの頑固なボルトをはずしてしまった。
だてに名前だけのセキュリティじゃないな~。
結局その兄ちゃんがスペアタイヤに換えてくれて無事応急処置終了。

この人たちの助けがなかったらホンマにどうなっていたことか。
心から感謝。
『困ってる人がいたら助ける』
簡単そうでなかなか難しいよなぁ。
でも、ウチもこの人たちを見習って、
困ってる人がいたら頭で考える前に行動できる人になりたいな。
パンクしたのはアンラッキーやったけど、
人の親切さに触れることができて心温まる出来事でした。  
[PR]
by tokada11 | 2005-10-07 06:22 | ライフ